個人再生手続き流れ

個人再生手続き流れとしての条件は、仕事をしていて収入も安定している人対象になります。
そして最大のメリットは、家などの財産を持ったまま行えるということです。

・借金が5千万円以下
・債務の総額を大幅に減額して3年以内に返済が可能
・具体的な返済プランを作り、債務者から許可が下りること



これらの条件が必要になってきます。

この手続きの魅力ポイントは、債務が5分の1に減額されることです。

借り入れが5年~10年できなくなるほか、住所と氏名が国が発行する機関紙に掲載されたりはしますが、住宅や車などの財産を手放さなくても良くなりますし、債務者からの給与差し押さえなどが無くなりますので負担はかなり軽減されると思います。

こういったことは、専門家に依頼することによって行えますので、勇気を出してまずは相談をして見ましょう。

匿名、無料相談はコチラから

☆日本一の過払い金無料相談ならこちら☆

最新情報

  • 債務整理の基礎知識
債権譲渡通知書
債権譲渡通知書
  • 債務整理の基礎知識
債権譲渡とは
債権譲渡とは
  • 債務整理の基礎知識
債権回収 時効
債権回収 時効
  • 債務整理の基礎知識
債権回収機構
債権回収機構
  • 債務整理の基礎知識
債権回収センター
債権回収センター

このページの先頭へ