娘が借金しているのを確信どうすれば?

娘が借金しているのを確信どうすれば?


娘さんは借金の額が多くても、自分で作ってしまった借金なので、親に頼らず自分で返済しようとしているのかもしれません。しかし内心は限界を感じている頃かもしれませんので、助け舟も必要です。娘さんのように、借金をして初めて自分のお金の使い方が間違ったと勉強することが多くなっています。


年収や収入に関係なく借金を作ってしまう理由の一つに学校でお金の使い方の授業がないからというのが挙げられます。お金の話ってなんだかタブーですよね。親子間であっても、『人からお金を借りるのはだめ』とかいう話しはするかもしれませんが、給料からの収支のバランスなどの味方や、長期的名マネープランなども学んでいないのです。

親が助け舟をす場合と出さない場合で違ってくる娘の今後

親御さんが娘さんの借金を肩代わりする・・・

この場合、娘さんは親に感謝はしますが、借金返済の苦しみを味わうことなく解決してしまうと、借金の痛みをしらないので、またいつか借金をしてしまう可能性があります。娘さんが借金をしてしまったことに十分反省している事を確認できればこの方法をとっても問題ないでしょう。

借金を肩代わりせずに、自分で何とかさせる方法を教える・・・

借金の肩代わりすることも可能だが、敢えて自分で返済させる方法を提案する。要は債務整理をするように促すことです。債務整理をすることで自分が借りていた借金の事で反省もしますし、お金の使い方で誤らないよう専門家を通して学ぶべきところはおおいですね。

債務整理をしてしまうと5から7年間は信用情報機関に記録が残り、新たな借金ができません。結婚してマイホームなどを考えることがあると不利になることは考えられますが、この期間を過ぎると記録から消えるので債務整理をするのであれば、早ければ早い方がいいです。

☆日本一の過払い金無料相談ならこちら☆

最新情報

  • 自己破産
破産者の復権は何年
破産者の復権は何年
  • 自己破産
破産者の復権とは
破産者の復権とは
  • 自己破産
破産者で復権を得ないものに該当しない
破産者で復権を得ないものに該当しない
  • 自己破産
破産者で復権を得ないもの 証明書
破産者で復権を得ないもの 証明書
  • 自己破産
破産者で復権を得ないもの 証明
破産者で復権を得ないもの 証明

このページの先頭へ